プロジェクト

山梨こどもミツバチプロジェクト 内容

目的

野生のニホンミツバチという生き物を通して山梨の自然とふれあう事で、豊かな感性を育む事を第一の目的としております。

対象

対象は小学校4年生~6年生を目処とし、年間スケジュールに沿ったプログラム日程に参加していただきます。(学業に支障がない限り、できれば毎回)

指導

指導は、この道20年のベテラン、自然保護団体山梨ニホンミツバチ保存会会長の大久保真佑と会のメンバーが中心となって行います。

用品

用品などの費用が必要となるため、ご父兄同伴での参加をお願いいたします。

アナフィラキシーショックについて

プロジェクト内容防具を着けて細心の注意を払っていてもミツバチは自然の生き物、万全を期すのは当然ですが、不用意に刺される場合がないとは言い切れません。
参加希望のお子様はもちろんの事、見学またはお子様と一緒にミツバチを楽しみたいご父兄は、事前にアナフィラキシーショックの検査を病院で受けていただき、蜂毒に対してのアレルギーの問題がない事が参加の最大前提条件となります。

体験型

お子様への指導は難しい座学中心の学術的な事より、まず自分で観察する事、自分ならこんな工夫をしてみたい、そんな好奇心が湧くような「どうしようか?指導」をしてゆきたいと考えています

ゴール

プロジェクトを楽しみましょうミツバチを楽しむからには最終目標は、美味しいハチミツを収穫することですね?

山梨の大自然の中からニホンミツバチという小さな昆虫が、命を削って集めてきた美味しい天然のハチミツというご褒美をミツバチから頂戴する。「地産地消」・「いただきます」という感謝の気持ちが、必ずお子様の健やかな感性を育むことは間違いありません。

お父さんやお母さんも知らない未知との遭遇、こんな世界があったんだという現実をぜひ体験させてあげてみてはいかがでしょうか?